野菜不足で肌荒れ

その肌荒れ野菜不足が原因かも

肌荒れに悩んでいるという人の中には、食生活のバランスが悪いという人はとても多くいます。

 

特に野菜が嫌い。という人も多いですよね。

 

食生活で野菜が不足しているという人は、その野菜不足によって肌荒れが起こっている可能性があります。

 

野菜不足になると何が起こるのかというと食物繊維が不足しやすくなります。

 

食物繊維が不足すると便秘になりやすくなりますよね?この便秘は肌荒れを起こす原因の一つなんです。

 

また、栄養バランスも野菜不足が起こることで崩れます。

 

ポリフェノールやビタミンAなどをはじめ、実は野菜から取り入れることが出来る乳酸菌やカルシウムなども不足してしまいます。

 

これらの栄養バランスの悪化によって、肌の新陳代謝に必要な栄養素が不足してしまうということが起こります。

 

とくにビタミンCが不足してコラーゲンの生成が出来なくなったり、肌のシミやくすみの原因になるメラニン色素の還元力などが低下していくことで、お肌の状態も悪くなっていきます。

 

便秘になること、栄養バランスが崩れる事、これが野菜不足で肌荒れの原因になる理由になります。


肌荒れがなかなか治らない原因は

肌荒れ対策のためにスキンケアを行っていたとしても、なかなか肌荒れが治らないと言いう人もいますよね。

 

この肌荒れがなかなか治らない理由は、いくつかの原因があります。

 

一つはスキンケア自体が間違えている可能性です。

 

過度なスキンケアは肌荒れを悪化させることに繋がります。

 

皮脂の洗い流し過ぎ、こすり洗いによってお肌そのものが荒れてしまう場合、美容成分を過度に使うことで、肌自体が容量をオーバーさせてしまっている場合があります。

 

スキンケアは適度というものがとても大切です。

 

もう一つが野菜不足によって起こる身体の内側からのケアが出来ていないという点です。

 

便秘は肌荒れの最大の原因と言われていますが、野菜不足の人は便秘になりやすくなります。

 

このため食生活が乱れていることで肌荒れが起こっている場合には、食生活を見直すということを行わなければ、肌荒れがなかなか治らないということが起こります。

 

肉や魚といったたんぱく質中心の食生活から、発酵食品が多めで野菜をたっぷりと取ることが出来る食生活に変化さえていくことで、肌荒れも治りやすくなります。